「潤白水素」を摂り始める

「潤白水素」は、及川胤昭理学博士が開発した商品。

及川胤昭博士は、マイナス水素イオンを開発した生殖免疫学の権威者のひとり。

1973年に英国科学誌「ネーチャー」に巻頭論文を掲載し世界の専門家の脚光を浴びました。1986年に科学誌「ニュートン」に発表した論文は「受精の瞬間を演出するメカニズム“細胞に生命が宿るとき”」という斬新な内容で、学会における及川博士の名声を不動のものにしました。

1日に2カプセルをガノデ・カフェ(高密度電子水)と一緒に摂る。