ウイルスの存在目的

ウイルスはそもそも何ために存在しているのだろうか。

 

DNAを持たないウイルスは、独自では繁殖は出来なくて、人や動物の細胞をとおして増えていくのだという。生物とは考えられていないようだが、存在しているからにはその存在目的があるはずだ。ウイルスは、人間を病気にさせることだけが存在目的なのか。

菌とウイルスでは違いがあるが、納豆を造りだす納豆菌はカビの一種である。カビでも私達にとっては必要な菌がいる。実は、人間にとって必要なウイルスもいるようだ。

ウイルスと人間は、共存共生できないのだろうか。

 

もしかしたら、人間が本来、立ち入ってはいけない領域を、踏み越えてしまったのではないだろうか。