病気は自分で治すもの

私は、病気になった20年前から思っていたことは、自然現象のようにだんだんと悪くなっていった身体だから、逆の道程があり、必ず薬に頼らずに治す方法があるはずだと思い、自分の自然治癒力を信じてきた。ただ、何故そうなったかという原因がわからなかった。分からないままに強い薬を飲むわけにはいかない。私は、ドーパミンの量が少なくなっているとは思えなかった。そのため、主治医とも相談して、身体に負担にならないように、最も効かない緩やかな薬を処方していただくようにお願いしていた。それは、薬は所詮、化学物質で作られたもの。長く飲み続けると必ず副作用が出ると考えたからだ。親から頂いた体、粗末に扱うわけにはいかない。

若山利文氏の動画を見て、自分の考えは間違ってなかったと実感する。やっと治す方法が分かった。60歳までには絶対に治す。そして、生涯現役で働く。