パーキンソン病

パーキンソン病 · 2018/06/08
ただ漠然と病気と向き合っていてもだめだと思う。病気を克服した時の自分に、よく頑張ったということでご褒美を考えている。そうすると目標ができる。ご褒美は「ドローン」だ。動画撮影が好きなので、ドローンで空撮した映像を取り入れた動画を作りたい。ドローンを操縦している姿を想像すると、前向きになれる。
パーキンソン病 · 2018/06/08
たまには落ち込むこともある。なんで自分ばかりが・・・と。そんな時のためにテーマソングを作ろうと思い作った。「present」の歌詞は以下のとおりです。 突然に閉ざされた 進めない 高き壁 立ち止まっていても 前には進めない ゆっくりと動き出し 繰り返し何度でも その時が来る日まで 青い海 川のせせらぎ 優しい風が吹く サクラ咲く季節 待っている...

パーキンソン病 · 2018/06/08
2018.6.8 天気 くもり AM6:00起床  いよいよこの地方も梅雨入りした。雨の多い季節となるが、それはそれで季節感を感じれていいものだ。雨音を耳をすませて聴いていると、心も落ち着く。   今日は、数年来やっていなかったラジオ体操に挑戦してみた。なんとかできた。...

パーキンソン病 · 2017/12/13
病は気からという。パーキンソン病というと難病のイメージがあって、治らない病気で先々のことを思うと、心が折れて塞ぎ込んでしまう。しかし、まだ体は動く。脳梗塞などで体が動かなくなった方々のことを思うとまだ軽い方だと思う。悪いことをイメージし続ければ、いずれそのようになる。強く心に、良くなっていくイメージを持ち続けることが大切だ。良い状態の時の記録を残して、体調の悪い時に見るように動画を作った。
パーキンソン病 · 2017/11/20
あゆみの会とは、脳卒中から独自のリハビリ方法で復帰された堀尾憲市氏が、そのリハビリ方法の理論とやり方を教えていただく会です。堀尾氏は、ロボット工学の観点から見つめられているので、違う方向から自分の病気を見つめることができます。昨日は、私の他、4人の方とその付き添いの方が参加されました。歩くことに必要なのは、歩けない体で歩く練習をするのではなく、身体の動体バランスを取る練習をすることが大切と感じました。

パーキンソン病 · 2017/11/09
今日は、車いす歩行のリハビリの様子を録画した。歩けないからといって無理に歩こうとすると、転倒したり、身体の他の場所を痛める可能性があるので、転倒することのない車いすでの歩行のリハビリは安全だ。そして、足の招きなども確認することができるのでいい。
パーキンソン病 · 2017/10/23
昨日、10月22日に恵那市文化センターで開かれた「あゆみ」の会に参加しました。「あゆみ」の会とは、脳梗塞で倒れて身体が動かなくなった状態から、独自のリハビリ方法で回復された堀尾憲一氏が開かれる会です。リハビリのやり方や、会員の方々の情報交換をする場です。昨日は、台風が近づいていて雨の中、中止か、あまり来ていないだろうと思っていましたが、5,6名の方が来られていました。次回開催日は、11月12日(日)PM13:30~PM16:00 恵那市文化センターです。

パーキンソン病 · 2017/10/13
最近、体調がよくなってきている。体調のいい時間が伸びてきているように感じる。これといって運動などをやっているわけではないが、音楽療法として1年前からsingのカラオケを毎日歌っているわけではないが、自分の歌ったものは毎日聞いている。最近始めたことは、大豆プロテインを摂りだしたこと、脳梗塞の薬であるシロスタゾールを飲みだしたこと、あとは、動体バランスを取るために、ゆっくりと足踏みをやっていることぐらいである。今までとはちょっと違ういい感覚がある。
パーキンソン病 · 2017/07/10
ちょっと前の話になりますが、6月25日に岐阜県中津川市のチコリ村の建物の中にある奇跡の復活研究所というところへ行ってきました。ここは、脳梗塞で倒れてから奇跡の復活をされた堀尾憲市氏が、自らの体験から得られたリハビリ方法などを教えられています。...